バッテリー上がり対策はどうすれば良いのか?

車に乗っていると気になることがいくつもありますが、中でも多くの人が忘れがちなのがバッテリー上がりです。それはどうしてかというと、普通に車に乗っている時には滅多にバッテリー上がりの事態にならないからです。多くはバッテリーの寿命で車が動かなくなるということになりますが、それ以外では滅諦にバッテリー上がりも起きないです。

バッテリー上がりはどういう時に起きるか?

実際にバッテリー上がりになるのはどういう場合になるかというと、車にしばらく乗らなかったという時に起きます。頻繁に車に乗っていればバッテリー上がりは起きないですが、しばらく車に乗っていない時にある日突然車に乗るとバッテリーが上がっているということがあります。そのようなことにならないようにすることが大事になります。それには移動する時はいつも車に乗って移動するくらい車を使っていることが大事です。なので、普段からいつも車に乗っていればまずバッテリー上がりは起きないです。もちろん、それでもバッテリー上がりが起きることもありますが普通に乗っている限りはバッテリー上がりにはならないです。

バッテリー上がり対策にはエンジンを動かす

車を所有していてもいつも車に乗っている人ばかりではないです。特に年配の人ほど車を持っていても次第に車に乗る機会が減っていくというのがあります。ですが、そういう人でもたまには車に乗ることもあるのでそのような場合にはバッテリー上がりに注意しないといけないです。では、どのように対策をすれば良いかというといつも車を動かすことができない場合は車のエンジンを1週間に1度30分程度はかけるのが良いです。そうすれば滅多に車に乗らないという人でもある日急に用事ができて車に乗ることになってもバッテリーが上がってしまって車が動かないということも防げます。

バッテリーを定期的に新しいものに交換する

車に普通に乗っているとバッテリーはその分消耗していきます。ですが、そのことにあまり気をかけない人も多いです。いつも車に乗っているとバッテリーも消耗していくということを意識することが大事です。バッテリーの寿命はせいぜい長くても5年くらいなので、前回バッテリー交換をしてから5年近く経っているならその時は新しいバッテリーに交換することが大事です。そこを意識して車に乗っていれば車のバッテリーが急に上がってしまうことも防げるようになります。意外と多くの人はバッテリーの寿命はもっと長いと思っていることがあるのでそこは注意が必要です。

まとめ

車のバッテリー上がりの対策は基本的には車に頻繁に乗っている限りはバッテリーの寿命を気にする程度で十分です。ただ、車に乗るのがたまにしか乗らないという場合にはバッテリーが放電現象によってバッテリーが上がってしまうことがあるのでそうならないようにするために車のエンジンを30分程度動かすことが大事です。それでバッテリー上がり対策が可能になります。