バッテリー上がりの前兆とは?主な原因と対策をご紹介!

ドライブ中にバッテリー上がりが発生すると、ライトやカーエアコンなどの電装品が使用できなくなります。最終的にはエンジンがかからなくなるので、できる限り回避したいトラブルのひとつです。自動車のバッテリー上がりにはいくつかの前兆があるので、適切な知識と対策があれば予防、回避できる場合があります。この記事ではバッテリー上がりの主な原因、そして対策について紹介しているので、参考にしていただけると幸いです。

バッテリー上がりの前兆3選

車のバッテリーは電気を蓄える部品であり、充電が切れると電装品やエンジンの動作が停止する原因になります。バッテリーの充電量が少なくなっている場合、運転中にバッテリー上がりの前兆になる現象が発生することが一般的です。大きな影響のひとつとして、エンジンが始動しづらくなります。バッテリーの充電量が少ないとエンジンを始動させる部品に十分な電力が供給されず、エンジンが始動しづらくなるという仕組みです。次に、ヘッドライトやカーエアコン、パワーウィンドウ等の電装品が動作しづらくなります。電装品の動作が遅い、動作しない等の現象が発生した場合はバッテリー上がりの前兆だと考えられます。アイドリングストップ機能がある自動車の場合、通常は停車時にエンジンが自動停止します。停車してもエンジンが自動停止しないのであれば、バッテリー上がりの前兆と考えて問題ないです。

バッテリー上がりの予防法

自動車のバッテリー上がりを予防するには、バッテリーの電力を使いすぎないように工夫することをおすすめします。例えば駐車した際にはヘッドライトやウィンカーなどの電装品を消す、渋滞を避けるなどの習慣をつけることは効果的な予防法です。停車中にヘッドライトやルームランプなどをつけっぱなしにすることはバッテリー上がりの原因になるので、駐車した際には電装品の電源を消すことで電力消費を防ぎやすくなります。渋滞中は走り出してすぐに停車する動きを繰り返すことになり、バッテリーへの負荷が大きい状況です。停車時間が長いとバッテリー液が冷えて充電効率が下がるので、バッテリー上がりが発生しやすくなります。渋滞を避けることが困難である場合、渋滞を抜けた後に空いた道を走行してバッテリーを充電するとバッテリー上がりを防ぎやすいです。

バッテリー上がりが発生した場合の対策

長期間にわたって自動車を使っていなかった場合、前兆なくバッテリー上がりが発生するケースがあります。もしバッテリー上がりが発生した際には、ジャンプスターターを使用する、又は他の自動車からジャンピングスタートをしてもらうことでバッテリーを回復できる場合があります。ジャンプスターターは自動車用品店やインターネットショップ等で数千円で購入できる道具です。ジャンプスターターを使用する際には、バッテリーのプラス端子に赤いケーブル、マイナス端子に黒いケーブルを接続します。次にジャンプスターターの電源を入れて30秒から1分ほど待ち、エンジンが正常に作動すれば対処完了です。最後にジャンプスターターのケーブルを黒、赤の順番で取り外します。ジャンピングスタートを行うには正常な車(救援車)とブースターケーブルが必要になります。ブースターケーブルでバッテリー上がりを起こした自動車と正常な車を接続し、救援車のエンジンを作動させて30秒から1分待つことで充電可能です。自力での対策が困難である場合、ロードサービスを利用することをおすすめします。

まとめ

自動車のバッテリー上がりはエンジンの動作に関わる問題であり、ヘッドライトのつけっぱなしや渋滞中の低速走行などが原因になりやすいトラブルです。バッテリー上がりを起こしかけている自動車は、エアコンやヘッドライトなどの動作が遅くなったり、エンジンが始動しづらくなったりするなどの前兆が発生しやすくなります。対策としては駐車中にはライト類を切る、渋滞を回避するなどの工夫をすることが大切です。