鍵屋でスペアキー作成をする際の時間と値段

鍵をなくしてしまったということもあるのではないでしょうか。スペアキーを増やすなら良いですが、鍵を落としてしまった場合は早急に鍵を作ってもらわなければいけませんでしょね。では、スペアキーを作成する場合の値段や相場について紹介するので是非参考にしてくださいね。

ディスクシリンダー錠

賃貸を中心として、多くの住居で導入されているのがこのディスクシリンダー錠です。合鍵が手軽に作れるのが特徴なので、よく使われている鍵となっています。価格も一番安価なので、鍵を作成する料金はそこまでかかりません。鍵を作成する時間は5分前後、値段の相場は300~800円ほどとなっています。ただ、お店によっては身分証明書の提出を求められる場合があるので、身分証明書を持参しておいた方が無難ですね。鍵屋でも作成可能ですし、ホームセンターなどでも対応してもらえるので、比較的どこでも作成をしてもらえます。ほぼどこでも作成が可能なので一番手軽な鍵となっています。

ピンタンブラー錠

ピンタンブラー錠も合鍵作成の費用や所要時間は、ディスクシリンダー錠と大きくは変わりません。少しだけピンタンブラー錠の方が値段が高いですね。こちらも手軽に合鍵を作ることが出来るので、鍵屋などを呼べばすぐに鍵を作ってもらうことが可能です。作成時間は5~10分程度、値段は1,000円前後と比較的手軽な値段で作成してもらえます。また、鍵の救急車など、大手を含めて比較的どこでも作成してもらえますし、ホームセンターでも受付が可能となっているので、自分が作成しやすい場所で、作成をしてもらいましょう。万が一鍵をなくしてしまってもすぐに作成してもらえるので手軽な鍵となっています。

ディンプルシリンダー錠

こちらの鍵は複雑な形状をしている鍵なので、合鍵に作成する値段が高く、その日中に完了しない場合もあります。純正のディンプルキーを作成する場合には、メーカー工場に依頼しなければならないため、長いと3週間ほどかかることもあります。セキュリティカードや鍵登録システムが導入されていればそれらの証明書も求められるので、万が一紛失してしまうとかなり大変なことになります。この鍵を作成するのにかかる時間は60分前後または数週間、値段相場は3,000円~5,000円前後となっています。ティンプルシリンダー錠は防犯が高い分、合鍵を作成できないケースがあるので注意が必要です。大手の鍵の救急車のようなところなら受付可能ですが、個人の合鍵屋だと難しい場合があるので、注意が必要です。

まとめ

このように、鍵の作成の時間や相場について紹介しました。もし、鍵をなくしてしまったら鍵屋などにすぐに鍵をつくってもらいましょう。是非参考にしてくださいね。