車のバッテリー上がりでやってはいけないことを解説

車がバッテリー上がりになると自分でなんとかしようと考えますが、やってはいけないこともあります。しかし、知らないと対処法が分からなくて不安になり、戸惑うために困るものです。この記事では車のバッテリー上がってやってはいけないことを解説しますので、頭に入れて安全に運転できるようにしましょう。

無理に自分でしようとする

車には多くの機器があり電装系のものに触れると感電する危険性があり、分からない場合は業者に依頼することが大事です。バッテリー上がりの原因は分かれば対処できますが、配線をつなぐ場所を間違えると故障の原因になります。また、車には狭い場所に多くの機器があり配線が複雑であり、適当につなぐと感電して危険です。このため、無理をせずに業者に問い合わせても説明だけでは分からない場合もあり、すぐにディーラーや専門店に行って見てもらう必要があります。また、エンジンをかけると高圧電流が流れるため、無理に自分でしようとすると感電するなどリスクが高いです。

何度もエンジンスタートを試すこと

エンジンをかけるとバッテリーに負荷をかけるため、かからなくなればあきらめてすぐに業者に相談する必要があります。また、相談をしても説明だけでは理解できない場合もあり、すぐに来てもらい検査をしてもらうなど考えないといけません。バッテリーが上がれば何度もエンジンをかけるとそのまま直ると思われがちですが、実際には劣化させるだけで逆効果です。また、セルモーターを動かすときは大量の電気を使うため、何度もエンジンをかけると負荷がかかります。このため、数回エンジンをかけてもかからなければすぐに点検を依頼し、安全に車を運転できるようにしないといけません。

そのまま長時間放置すること

バッテリーが上がったときは電圧が下がった状態ですが、そのまま放置すれば自然放電でさらに低下します。このため、バッテリーが劣化して蓄電量も減り、充電しても不具合が発生して逆効果です。また、このような状況の場合はバッテリー上がりをしやすくなり、交換しないといけなくなります。このため、バッテリー上がりを起こすとすぐに修理を依頼するよう心がけ、かかる費用をなるべく減らすことが望ましいです。また、バッテリーをそのまま交換すると多くの費用がかかるため、バッテリーが上がったらすぐに修理してもらう必要があります。

まとめ

車のバッテリー上がりは勝手に自分でしようとすると危険で、そのまま放置すると劣化するためすぐに業者に依頼することが大事です。また、バッテリーが上がるとエンジンをかけ直すと直るわけでなく、負荷をかけるだけのためおかしいと感じたらすぐに業者に相談する必要があります。車を運転するときはバッテリー上がりも起きる可能性があり、やってはいけないことを理解すると対処しやすいです。