キャッシングの審査で嘘の申告をした場合どうなる?

キャッシングで嘘の申告は禁物

キャッシングを申込をする際には様々な情報が確認されることになります。
それぞれの契約希望者の個人情報、例えば氏名や住所、電話番号と言ったようなものに関しては当然確認されることになりますし、収入額や勤め先の名前と役職、他社からの借入額、借りたお金の使途に至るまで確認されることにもなるでしょう。
こうした情報はすべて審査、つまりお金を貸しても大丈夫かどうかということを判断するために確認されることになっているのですが、その中には「嘘の申告をした方が有利になりそうな情報」もかなりあります。
例えば収入額を年収1億円にしたり、勤め先を誰もが知っている大企業にして役職をCEOなどにすればどの業者もすぐにお金を貸してくれそうに見えます。
ですがもちろんこんな申告をしてもすぐに嘘の申告だとばれてしまうことになりますし、嘘の申告は審査において悪影響しかありません。
特にキャッシングの審査を行う従業員はそうした情報の真贋を見抜くプロですから、伝えるべき情報はすべて正直に伝えるようにしましょう。

嘘の申告をするとどういった悪影響があるの?

それでは申告の際に嘘の情報を伝えたとしてどういった悪影響があるのかということについてですが、まず結論から言えば審査に通らなくなります。
もちろん誰でもうっかり忘れてしまうことはありますし、本当に少し間違えた程度であれば単なるミスとして処理してもらえます。
多少悪い印象は付くでしょうが、そこまで致命的なものにはなりません。
ですがキャッシングの審査で明らかに有利になるように仕組んでいていると判断された場合、その人はキャッシング業者にとって「自社を騙そうとしている危険な人物」と見なされてしまいます。
例えば現状既に数百万円の借り入れがあるのに「現在は借入は一社から数万円借りているだけです」と申告してきたのであれば怪しいと考えざるを得ません。
そうした嘘の申告がばれなかったとしても後になって問題を起こすと詐欺罪に問われる可能性すらあるわけですから、嘘をつくのは禁物なのです。

プロミスの審査だとどうなの?

さて、ではここからはキャッシング業界最大手のプロミスを例に取ってみましょう。
プロミスは業界の最大手であることもあって、審査はかなり厳格に行う傾向があります。
例えば勤め先に関しては在籍確認を間違いなく行いますし、本人確認で怪しいところがあればすぐに指摘して訂正するように伝えてきます。
そして融資のノウハウも他社と比べてかなり優れていますから、嘘をついてもすぐに見透かされてしまう可能性が高いでしょう。
大手となると信用を損なわないようにそれなりにしっかりとした態度で事業に向き合うものですから、プロミスの審査もやはり嘘をついたら通過できない、お金を貸してもらえない可能性が高いです。
ですからキャッシング申し込みは正直に自分の情報を伝えるようにしてください。